Skip to content

カテゴリー: 川崎フロンターレ

川崎フロンターレ 2017 ユニフォーム アウェイ販売

kawasaki-frontale-2017-uniform-away-puma-02kawasaki-frontale-2017-uniform-away-puma-03

川崎フロンターレ2017新品を登場します。

今度アウェイユニフォームのデザインは2016シーズンと少し違うところがあります。新しいユニフォームの襟元にボタンを付け、開閉可能です。

川崎フロンターレ2017アウェイユニフォームは白基調に水色とライトグレーのペンキグラフィクです。川崎市の各区の地形とクラブマスコット「カブレラ」も描かれています。背中にはSMBC日興証券仕樣を印刷して、背中裾にはニフティ株式会社ロゴを付け、株式会社富士通マーケティングロゴを袖に付けます。ブロックパンツを使用して、ホワイトハイソックスにぴったりしています。

新シーズンユニフォームのホーム、アウェイ、GKユニフォームも発表しました。ホームユニフォームは購入できましたが、ゴールキーパーのを探しましたが、販売しているサイトがないんです。もし、以下のグリーンユニフォームを販売しているサイトを教えたら、助かりました。

11-02

アウェイユニフォームはこの店で購入したら、6500円でいいです。自由にマーキングも可能で、大好きです。しかし、支払方法はクレジットカードだけで、少し残念です。

ホームユニフォームの紹介はこちらへどうぞ

川崎フロンターレ 2017 ユニフォームを発表

 


Leave a Comment

川崎フロンターレ 2017 ユニフォームを発表

kawasakihome2017frontkawasakihome2017back

2017年1月22日、川崎フロンターレ ユニフォーム最新シーズンを発表しました。

川崎市の花「つつじ」、チームマスコットの「イルカ」、チームカラーをあしらい、世界に向けて開かれた活力と、魅力ある臨海都市「川崎」をシンボライズしたマークです。

川崎フロンターレは大きな決意を持ってクラブ20周年となる2016シーズンに臨んだが、結果はまたも無冠に終わった。2017シーズンのキャッチフレーズである『Paint it Blue』とともに、それをコンセプトにした2017シーズンの新ユニフォームを発表した。

このシーズンのホーム(1st)は、フロンターレブルーを基調にしたピンストライプ柄を採用。また、節目となる20周年を経て、クラブがまた新たな一歩を踏み出すにあたり、もう一度初心に戻り、一体感のある雰囲気を作り上げるための象徴となるよう、クラブ初の全身フロンターレブルーのデザインを採用している。

サプライヤーは「プーマ」で、襟にはボタンがある新デザインを採用して、胸前にはスポンサーは前続き「FUJITSU」、背中には「SMBC日興証券」「@nifty」文字をプリントしている。スカイブルーカラーを使用して、明るい感じをしている。なんか気持ちがいいですね。

この川崎フロンターレ ユニフォーム 2017 ホームが欲しい方は、このリンクを押してください。


Leave a Comment