Skip to content

カテゴリー: ガンバ大阪

ガンバ大阪 ユニフォーム 2017 アウェイ 発表

gamba-osaka-2017-uniform-away-umbro-01 gamba-osaka-2017-uniform-away-umbro-02

1月15日、公式サイトはガンバ大阪 ユニフォーム 2017を発表しました。

そのG大阪の2017シーズンに向けた新ユニフォーム、デザインコンセプトは『KAGAYAKI ~大阪から世界へ輝くクラブへ~』です。

アウェイ ユニフォームは、伝統的な白のユニフォームを継承しつつ、“輝き”をイメージした“クリスタルグラフィック”をボーダーデザインで表現。チームカラーである青を深みのあるトーンで採用することで、国内そして海外を相手にするガンバ大阪を表現しました。肩には”X”も付けています。

ユニフォームの胸前に「パナソニック」スポンサーなをプリントして、背中上部の「ロート製薬」、袖の「大建工業」、パンツの「東洋ゴム工業」が継続使用しています。背中下部は「シップヘルスケアホールディングス」と新たに契約を結んでいます。

 


Leave a Comment

ガンバ大阪 ユニフォーム 2017 大阪から世界へ輝くクラブへ

gamba-osaka-2017-uniform-home-umbro-01gamba-osaka-2017-uniform-home-umbro-02

2017年1月15日、新しいシーズンのガンバ大阪 ユニフォームを発表しました。

「ガンバ」という響きは、日本語の「頑張る」にも通じ、「チーム一丸となって勝利を目指して頑張るチーム」「どんな状況でもガンバって勝利を勝ちとるチーム」「大阪をホームタウンとし、大阪を中心とした関西ファンの声援を受けてガンバるチーム」「日本一、世界一のクラブ組織に向けてガンバるサッカークラブ」という気持ちが込められています。

大阪の鳥「百舌鳥(もず)」を伝統の象徴である盾形にアレンジし、勝利の証である月桂樹のかわりに、大阪の木「銀杏」の葉が周囲を飾っています。

今度のユニフォームのデザインコンセプトは「KAGAYAKI ~大阪から世界へ輝くクラブへ~」。ホームユニフォームはチームカラーである青と黒を用いた伝統のストライプをベースに、ホームタウンである大阪から世界へ“輝き”を放つチームと選手をイメージし、ストライプにクリスタル柄を組み込んだ“クリスタルグラフィック”デザインを採用します。

ピンストライプで表現したアクセントカラー“テックブルー”には、その輝きを失わない強い意志と願いが込められています。

次はガンバ大阪 アウェイ ユニフォームの発表です。

 


Leave a Comment