Skip to content

月別: 2017年1月

名古屋グランパス 2017 ユニフォームを発表

9dd724bd-5f88-4bab-9502-122d3c123df9a59c2803-2f3d-4de3-a53e-2c2129e408a1

2016年11月14日、名古屋グランパス公式サイトには新しいシーズンの名古屋グランパス ユニフォームを発表しました。

最上部には王者を表す王冠、盾状のエンブレムには名古屋グランパスエイトの頭文字と名古屋のシンボル「シャチ」をデザイン。バーバリアンレッドが野性と闘魂、ノーブルレッドが知性と愛情、スターオレンジが明るさと華やかさ、チームスピリッツを表し、1998年から正式採用されています。

名古屋グランパス ホーム ユニフォームは、情熱・力強さ・積極性・ダイナミズムを表現した伝統のグランパスレッドを基調に、チームスピリッツカラー(バーバリアンレッド・ノーブルレッド・スターオレンジ)を組み合わせたデザインします。ポロネックを使用して、襟口はホワイトのデザインで、胸前にスポンサ名「TOYOTA」、背中上部「AISIN」、背中裾に「豊田通商」をプリントしています。

目を引くのはやはりチェック柄で、小さな格子が集まって大きな格子を構成したグレンチェックには、個人の力を集結して大きな力を発揮しようという意図を込められています。

J1復帰を目指す上で間違いなく必要な要素の一つだろう。

名古屋グランパス ユニフォーム 2016 ホームを購入したいなら、このリンクを押してください。

 


Leave a Comment

清水エスパルス 2017ユニフォーム 発表

f5a7c34a-4b82-4ce1-b302-8731fc26c414e72f5b7c-2120-4c90-8bf3-83adfb1c1854

2017年1月9日、新しいシーズンの清水エスパルス ユニフォームを発表されました。

S-PULSEは「サッカー、清水、静岡」の頭文字Sと、サッカーを愛する県民・市民の胸の高鳴りとチームスピリットを表現するため、英語で「心臓の鼓動」の意味であるPULSEを組み合わせて、名づけられました。

清水エスパルスのチームカラーは「エスパルスオレンジ」と名づけられた鮮やかなオレンジ色です。チームのホームタウンである静岡県は、日本でも有数のミカンの生産地であり、また喜び・希望・若さ・前進・元気などをイメージさせるこの色は、まさにチームを象徴するにふさわしい色となっております。

チームエンブレムは世界に羽ばたくプロサッカーチームを目指すことを象徴として、中央に地球儀を配し、また地元の象徴である富士山を上部に組み合わせて、デザインされております。

今年は清水エスパルスのクラブ創設25周年で、新しいユニフォームは「もう一度強いエスパルスを創りあげる」べく、Jリーグのステージや天皇杯、さらにはアジアカップウィナーズカップをも制した1999年~2001年のモデルをベースとしたデザインを採用しました。

カラーには伝統的なオレンジを採用して、カモフラージュ柄を基調に、伝統の地図柄も配置しました。カモ柄の中には『静岡県』の形が含まれており、その地図の静岡・清水の位置にクラブロゴを入れています。

肩から袖にかけて入れられたPuma伝統のアパレルフォームストライプは、他のPuma勢と同じくドット柄。最新のグローバルモデルを採用することにより、“復刻”ながら現代的で洗練されたシルエットのユニフォームとなっています。

ユニフォームスポンサーは、胸の「鈴与」、背中上部の「アイエイアイ」、袖の「日本航空」がいずれも継続するとみられます。

清水エスパルスの2016 ユニフォームを探しなら、こちらへどうぞ☛清水エスパルス ユニフォーム 2016 ホーム


Leave a Comment

サンフレッチェ広島 2017 ユニフォーム ホーム

sanfrecce-hiroshima-2017-uniform-home-nike-02sanfrecce-hiroshima-2017-uniform-home-nike-03

2017年1月13日、公式サイトはサンフレッチェ広島 ユニフォームを発表しました。

広島県広島市をホームタウンとする「サンフレッチェ広島」。サンフレッチェは、日本語の「三」とイタリア語の「フレッチェ(矢)」をあわせて作った造語で「三本の矢」を意味しています。このチーム名は広島に縁の深い戦国武将毛利元就の「三本の矢」の故事から名づけられたもので、広島の県民市民・行政・財界の三位一体の力によって支えられていることを示し、またチームスポーツの基幹をなす「技術・戦術・体力」の三要素、そして個々の選手に必要とされる「心・技・体」の三原則にもつながっています。さらに、サンフレッチェ広島では、2005年シーズンより、クラブエンブレムを「クラブ理念」や「クラブ設立の目的」、「広島らしさ」を表現したデザインに変更いたしました。

2017シーズンはサンフレッチェ広島がクラブ創立25周年で、新しいユニフォームの発表は楽しみます。サプライヤーは前モデルに続き「Nike」で、ロゴは右胸に刺繍しています。クラブ前身マツダサッカークラブのストライプとクラブエンブレムから触発されデザイン。紫基調で太さに強弱を付けた2本のストライプをフロントに備えています。左袖には25周年ロゴが配されました。胸前にはスポンサー名「EDION」、背中上部に「MAZDA」、背中裾に「広島銀行」、袖に「you me」字様をプリントしています。

他のJリーグユニフォームが欲しい方はこちらへようこそ☛Jリーグ ユニフォーム 2017

 


Leave a Comment

コンサドーレ札幌 2017 ユニフォーム 発表

kf712ts01u-rd

2017年1月14日、新しいシーズンのコンサドーレ札幌 ユニフォームを発表しました。

北海道に生息する日本最大のフクロウ『シマフクロウ』を象徴的に図案化しました。頂点に羽ばたく翼を持つシマフクロウの盾型の中に、11個の星(結束したイレブン)、勝利を見据える眼光(闘志)、ブリザードを表す白ストライプ(攻撃性)を配し、それらが、ホームタウンを意味するリボンの円弧に根ざすデザインになっております。

力強さとスピード感を合わせ持つ書体を用い、『突き進むボールの軌跡』を感じさせるデザインとなっております。強く、アグレッシブなクラブチーム”コンサドーレ札幌”を象徴しております。

ホーム ユニフォームは伝統の赤黒ストライプで背中にシマフクロウのグラフィックがプリントされています。シマフクロウを前面に羽を前面と背中に描いました。

サプライヤーは昨季に続き「Kappa」で、背中上部が「CLASSIC サッポロクラシック(ホーム)」から電力小売事業者の「F-Power」に、左袖が「JA北海道」から「CLASSIC サッポロクラシック」に代わりました。胸前には白い恋人をプリントしています。

 

 


Leave a Comment

ガンバ大阪 ユニフォーム 2017 アウェイ 発表

gamba-osaka-2017-uniform-away-umbro-01 gamba-osaka-2017-uniform-away-umbro-02

1月15日、公式サイトはガンバ大阪 ユニフォーム 2017を発表しました。

そのG大阪の2017シーズンに向けた新ユニフォーム、デザインコンセプトは『KAGAYAKI ~大阪から世界へ輝くクラブへ~』です。

アウェイ ユニフォームは、伝統的な白のユニフォームを継承しつつ、“輝き”をイメージした“クリスタルグラフィック”をボーダーデザインで表現。チームカラーである青を深みのあるトーンで採用することで、国内そして海外を相手にするガンバ大阪を表現しました。肩には”X”も付けています。

ユニフォームの胸前に「パナソニック」スポンサーなをプリントして、背中上部の「ロート製薬」、袖の「大建工業」、パンツの「東洋ゴム工業」が継続使用しています。背中下部は「シップヘルスケアホールディングス」と新たに契約を結んでいます。

 


Leave a Comment

ガンバ大阪 ユニフォーム 2017 大阪から世界へ輝くクラブへ

gamba-osaka-2017-uniform-home-umbro-01gamba-osaka-2017-uniform-home-umbro-02

2017年1月15日、新しいシーズンのガンバ大阪 ユニフォームを発表しました。

「ガンバ」という響きは、日本語の「頑張る」にも通じ、「チーム一丸となって勝利を目指して頑張るチーム」「どんな状況でもガンバって勝利を勝ちとるチーム」「大阪をホームタウンとし、大阪を中心とした関西ファンの声援を受けてガンバるチーム」「日本一、世界一のクラブ組織に向けてガンバるサッカークラブ」という気持ちが込められています。

大阪の鳥「百舌鳥(もず)」を伝統の象徴である盾形にアレンジし、勝利の証である月桂樹のかわりに、大阪の木「銀杏」の葉が周囲を飾っています。

今度のユニフォームのデザインコンセプトは「KAGAYAKI ~大阪から世界へ輝くクラブへ~」。ホームユニフォームはチームカラーである青と黒を用いた伝統のストライプをベースに、ホームタウンである大阪から世界へ“輝き”を放つチームと選手をイメージし、ストライプにクリスタル柄を組み込んだ“クリスタルグラフィック”デザインを採用します。

ピンストライプで表現したアクセントカラー“テックブルー”には、その輝きを失わない強い意志と願いが込められています。

次はガンバ大阪 アウェイ ユニフォームの発表です。

 


Leave a Comment

横浜F・マリノス ユニフォーム 2017 スピードグラフィックをデザイン 

yokohama-f-marinos-2017-uniform-home-adidas-04  yokohama-f-marinos-2017-uniform-home-adidas-05

2017年1月15日、公式は新しいシーズンの横浜F・マリノス ユニフォームを発表しました。

横浜F・マリノスのエンブレムは外側には王者の印である月桂樹の枝があります。中には赤、白、青三色で組み合わせる盾型で、前身の日産自動車サッカー部の伝統を引き継いだものです。盾型の中には錨、サッカーボール、カモメのイメージがあります。すべては横浜のシンボルだと考えられます。

カラーにはブルーの海の色を採用して、レッドを付き、熱情を表しています。

ホームは青基調で大胆な「スピードグラフィック」が印象的なデザイン。赤をクールネックと袖口に、白をサイドのアディダス3本線に使用しました。サプライヤーはアディダスで、右胸に刺繍しています。胸前にはスポンサ名「NISSAN」をプリントしています。チームエンブレムはワッペン織り縫い付けています。背中には「MUGEN ESTATE」字様を付け、袖にはJリーグのロゴと「NISSHIN OilliO」文字をプリントしています。
yokohama-f-marinos-2017-uniform-home-adidas-01 yokohama-f-marinos-2017-uniform-home-adidas-02

 

 


Leave a Comment

浦和レッズ ユニフォーム 2017 25周年記念版デザイン

0c9b6c2f-8444-412e-afd6-d139f172b273

2017年1月11日、新しいシーズンの浦和レッズ ユニフォームを発表しました。

「新しいエンブレムのメイン・モチーフ~クラブ理念の具現化」
「ひとつのボールにみんなが集まる。ひとつのボールからみんなの話題や喜びが生まれ、仲間意識、友情の輪がひろがって、世界とつながる」~クラブ理念の具現化をメインモチーフとして考えました。

浦和レッズの存在価値を明確に表し、浦和レッズが目指す「理念」を強調したモチーフです。92年のクラブ発足時にはできなかったことが、地域の人々と一緒になって作り上げられてきました。そして、このエンブレムを強調することによって、このクラブに係わる人たちが何をすべきか、これから先、何を深めて、強めて、広げていこうとするのか、クラブの姿勢を表しています。

この渦を中心に据えて、広がりを強調し、今こそ、このモチーフの意味を強く打ち出すことによってこれからの浦和レッズのあり方を示し、地域のシンボルとして成長していこうと考えています。

新しいユニフォームは、クラブ設立25周年を表す“25”をローマ数字“XXV”で表現した大胆なグラフィックを採用。それぞれのピンストライプの束は12本で形成されており、チームワークやファン・サポーターとの結束を表しています。中央の大きなダイヤモンドの中に縦に描かれている25本のストライプもまた25周年を表現し、太さの違うピンストライプの先端部分を鋭く描く事で、流れる様なスピード感と躍動感をイメージしました。

胸前にはポラス株式会社の字様をプリントしています。背中に三菱重工業株式会社の文字を印刷して、左袖には三菱自動車工業株式会社のロゴをプリントして、裾には日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社の文字も付きています。

 

 


Leave a Comment

FC東京 ユニフォーム 2017 販売

fc-tokouds6719hsp__bs

2016年10月30日、2017シーズンの新しいFC東京 ユニフォームを発表しました。

FC東京のエンブレムの左上に書いてある“ESTD”は“Established”の略です。この「Established」には「起源」という意味があります。なのてエンブレムの1999という数字と合わして、FC東京が1999年からJリーグに加盟した意を表します。

チームカラーのブルーとレッドの鮮やかなコントラストで、絶妙なデザインバランスにセンスを感じしています。クラブ名の「FC東京」は、シンプルで誰にもわかり易く馴染みがあり「都民のためのJクラブ」を目指す観点から制定されました。

今度のデザインコンセプトは「躍進~さらなる高み~」です。躍動感のあるストライプをメインデザインに採用します。クラブが強く、先進的でかつダイナミックに変わっていくイメージをデザインにこめました。ブルーとレッドの縦縞デザインを採用して、既視感が強いです。左胸にはエンブレムを圧着して、右胸にはメーカーロゴをプリントして、胸前にはスポンサー名をプリントしています。

以上のユニフォームが購入したい方はこちらへようこそ☛ FC東京 ユニフォーム 2017 ホーム

 


Leave a Comment

鹿島アントラーズ ユニフォーム 2017発表

kashima-antlers-2017-uniform-home-nike-04kashima-antlers-2017-uniform-home-nike-05

2016年12月25日、2017シーズンに向けた新鹿島アントラーズ ユニフォームを発表しました。

アントラーズの”アントラー”は鹿の枝角のこと。鹿島地域を代表する鹿島神宮の鹿にちなんだもので、枝角は茨城県の茨をイメージしています。鹿のように広く愛され、そして、戦いの時は、その鋭い枝角で勇猛果敢に立ち向かい勝利を目指す、という意味を込めました。

サッカーへの燃えるような情熱をイメージして、チームカラーは”アントラーズレッド”。これは、茨城県花のバラの色にもちなんでいます。そしてクラブマスコットは鹿島神宮の「鹿」。愛称は「しかお」。97年3月2日に「しかこ」と結婚。 99年8月1日に長男「アントン」が誕生しました。地域の皆さんをはじめ多くの人々に愛されるチームに、という想いとともに、このキャラクターたちは生まれました。

今度ホームユニフォームは伝統的なネイビーを基調的に、レッドを追加して採用しています。鹿島灘をイメージしたネイビーにクラブの魂ともいえるディープレッドをボーダー柄で合わせ、躍動感あるデザインに仕上げています。

袖にはJリーグ王者の証であるチャンピオンマークが刻印されて、胸前にはスポンサー名「LIXIL」をプリントして、背上にはイエロー帽子を付き、背裾には「RISO」という広告を印刷します。

このリンクを押して、鹿島アントラーズ ユニフォーム 2017  ホーム を購入しましょう。


Leave a Comment