Skip to content

川崎フロンターレ 2017 ユニフォームを発表

kawasakihome2017frontkawasakihome2017back

2017年1月22日、川崎フロンターレ ユニフォーム最新シーズンを発表しました。

川崎市の花「つつじ」、チームマスコットの「イルカ」、チームカラーをあしらい、世界に向けて開かれた活力と、魅力ある臨海都市「川崎」をシンボライズしたマークです。

川崎フロンターレは大きな決意を持ってクラブ20周年となる2016シーズンに臨んだが、結果はまたも無冠に終わった。2017シーズンのキャッチフレーズである『Paint it Blue』とともに、それをコンセプトにした2017シーズンの新ユニフォームを発表した。

このシーズンのホーム(1st)は、フロンターレブルーを基調にしたピンストライプ柄を採用。また、節目となる20周年を経て、クラブがまた新たな一歩を踏み出すにあたり、もう一度初心に戻り、一体感のある雰囲気を作り上げるための象徴となるよう、クラブ初の全身フロンターレブルーのデザインを採用している。

サプライヤーは「プーマ」で、襟にはボタンがある新デザインを採用して、胸前にはスポンサーは前続き「FUJITSU」、背中には「SMBC日興証券」「@nifty」文字をプリントしている。スカイブルーカラーを使用して、明るい感じをしている。なんか気持ちがいいですね。

この川崎フロンターレ ユニフォーム 2017 ホームが欲しい方は、このリンクを押してください。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です